祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

修復報告007.

 前田青邨 作 紙本彩色画『赤絵』 
─黴被害にあった絵画の修復─

修復前全像

修復前作品部分
◎画面の所々に褐色になった斑点状の汚損があった。

作 品:前田青邨  紙本彩色画
題 名: 『赤絵』
装 幀:掛軸装 大和表装
収 納:二重箱太巻添軸付

修復前作品寸法:幅536〜539
×丈380〜382ミリ  

修復前表装寸法:幅700〜703
×丈1450ミリ


 

修復前の損傷状況

1.作品組成
本作品は絹織物(料絹/絵絹)を基底材料とし、膠を接着剤とした天然顔料と金泥等を用いて製作された絵画作品である。描画部分の絵具は、平均的にさほど厚くは塗られてはいないが、しっかりと丁寧に重ねられ、白と赤を主体とした顔料の鮮やかな色彩の対比を生かし、金泥のぼかしによる大きな空間と清楚かつ大胆な構成が効果的に主題を際立たせ、強い印象を与える作品となっている。

2.装幀
作品は、大和表装(別称:三段表装)の掛軸装が施されていた。収納は太巻き添え軸を利用する容積の大きな桐材の印篭箱に、漆為塗の二重箱となっている。収納箱の蓋表には『赤絵』の画題、蓋の内側には作者のサインが揮毫され落款が押されていた。

3.損傷状況
本作品の顕著な損傷として、画面の広い範囲に淡い茶褐色の斑点状の変色、汚損が発生していた。拡大鏡下の観察においては、この部分は毛羽立ち、隆起するようになっており、黴の発生を確認する事ができた。紫外線を照射した観察においては、通常光下では確認できなかった部分にも黴の発生箇所と同様の反応を認めた。なお、この汚損、変色は総じて、表面に見られるのとほぼ同じ位置の裏面にも観察する事ができた。作品の描画部分においては、一部に若干不安定な箇所(一部はわずかに欠失か)も見当たるが、全体に絵具の定着は良好であった。
表装には顕著な損傷は見られないが、表装裂地に光による退色と錦糸などに錆の発生が認められた。また、表装上部の八双の付け根、下部軸棒の付け根にわずかな裂地の亀裂が認められた。表装の裏面は、上部にある上巻絹に汚損が顕著であった。
収納箱は、とくに外箱の内壁に黴が発生していた。さらに太巻き添え軸にも茶褐色の汚損があり収納時に接触する表装の下部に同様の(表装の天地の"地"の部分)汚れが認められた。

4.処置中の発見
作品を表装より分離した後、透過光線による観察を行うと、画面左側、描かれた皿の上部に料紙の破損と剥離損傷(写真画像で白く光が透けているところ)、右下果実の左脇に料紙の亀裂を確認した。

作品部分透過光線

◎透過光画像 光が通る部分に料紙の層間剥離があった

作品紫外線写真

◎UV画像  斑点状の汚損発生箇所に反応した。

 

修復方針

所有者の第一希望として、作品画面に発生している茶褐色の斑点状汚損(フォクシング)の除去による観賞性の向上を図った。表装は旧表装裂地を再利用するものとし、収納箱についても旧箱をそのまま利用する事とした。 


修復後全像

修復後作品

◎修復後の様子

修復後作品寸法
幅536〜537
×丈381〜382ミリ  

修復後表装寸法
幅699〜700
×丈1455ミリ

*作品寸法は表装後に計測。
新規表装は左右天地辺の誤
差を付廻(表装裂地糊代)
下で調節した。

 

修復処置の概要

1.調査、採寸、写真撮影
装幀を含めた作品全体、本紙の状態を調査、観察、記録し、写真撮影を行った。

2.解体〜旧裏打除去(旧総裏打紙の除去)
吊金具、軸棒、八双を取り外した後、表装裏面を加湿し、旧糊が膨潤するのを見計らって旧裏打ち(最外層『総裏打ち』)を除去。さらに中裏打ちを除去して作品本紙を旧表装より分離した。加えて表装も各部分に分解した。

3.旧裏打ち紙の除去2
先に表装より分離した作品、表装裂地に残る裏打ち紙をすべて除去した。(肌裏打紙は洗浄処置に備えて残存させた)

4.表装裂地の洗浄と消毒〜新規裏打ち
作品の修復処置後には旧表装裂地を再利用した掛軸装を行うこととした。分解したすべての表装裂地は、裏打ちの除去後、精製水による洗浄とエタノールによる簡易な消毒を行った。糸揃えの後、各々新規に二回の裏打ちを施し、さらに十分な乾燥をさせた。

5.作品の洗浄処置
予備洗浄として、本紙に生じていた変色、汚損部分に局所精製水による洗浄を行った後、さらに精製水で希釈したアンモニア水と過酸化水素水にて洗浄、漂泊処置を進めた。この洗浄箇所はさらに十分な水洗を行った。

修復前作品部分 洗浄前(作品左側部分) 修復後作品部分 洗浄後(作品左側部分)

 

6.作品の旧肌裏打ちの除去〜新規裏打ち
先に行った調査で確認をした料紙の剥離、亀裂箇所等については仮固定をし、必要最小限の加湿を行いながら慎重に旧肌裏紙(はだうらうち:作品に最初に行う裏打ちを指していう)を除去した。一旦乾燥した後、表装裂地同様に2回の裏打ちを行った。

7.付け廻し(表装裂地と本紙の接レ合)
先に洗浄、裏打を施した本紙と裂地を接合、付け廻し作業を行い掛軸の形態に表装した。旧表装における作品寸法は左右天地辺に最大で3?程度の差があったが、新規表装においては、作品の周囲にわずかに残した裏打紙を糊代に代用するなどして調整を行った。なお、検討の結果、天地の裂地のみ新規に交換した(光による退色、日焼けによる風帯の痕、八双、軸棒の付け根に小さな破損、劣化があった)。

8.増裏打(中裏打ち)
付け廻しの終わった表装全体に裏打ちを行い仮張りによる十分な乾燥をさせた。

9.総裏打
表装全体の寸法を決定し、裁断、耳折。宇陀紙にて総裏打(最終裏打/楮/白土入)を行い仮張りに張り込んだ。

10.補彩調整
汚損の発生していた箇所について、洗浄、漂泊等によって不自然になっていると感じられる部分に限り、必要最小限の補彩を行った。補彩は天然顔料、金泥を用い精製水で希釈した微量のCMCを接着剤とした。

11.調整(仮張り乾燥/表裏)
作品の表裏を数日間の間隔を開けて数回、交互に仮張り乾燥させ、裏面に強刷毛による撫で込みと軽い裏摺りを行った。

12.仕上げ
軸棒、八双、軸首、紐を新調した(軸首は汚れを除去して再利用)。十分に乾燥した掛軸を仮張りより取り外し、耳すきを行い、用意した軸棒等を取り付けて掛軸を仕上げた。

13.桐箱
汚損が発生していた旧箱は、外箱、中箱、太セ巻き添え軸共にエタノールによる消毒を行った。

14.報告書の作成
修復後の作品を写真撮影し、本報告書の作成をもって今回の修復作業を終了とした。

 

 

◎前田青邨 1885-1977(明治18-昭和52)

日本画家。岐阜県中津川市に生まれる。本名廉造。1901年上京して梶田半古の門に入る。2歳年上で塾頭の小林古径を知り、以来行動を共にする。同門下で研究に励む一方で、国学院大学で古典文学を学ぶ。1902年17才で第十ニ回日本絵画共進会展に『金子家忠』を出品、三等褒状を受け、より梶田半古より"青邨"の号をもらう。その後、今村紫紅、安田靫彦らの紅児会に加わり、新しい歴史画の研究に進み、1912年、岡倉天心の示唆を受けて製作した『御輿振』(みこしふり/絵巻物)を第六回文展に出品、三等賞を受け画名を知られるようになった。1914年再興日本美術院に参加し、その第一回院展に『竹取物語』(絵巻)と『湯治場』を出品、会期中に同人に推挙された。このころから彼の個性的な感覚と画面構成のおもしろさは注目され、『京名所八題』の『先斗町』の大胆な俯瞰法は、岡本一平の漫画でも評判になった。
1922-1923年小林古径と共に渡欧、イタリア、イギリス、エジプトなどを歴遊し、帰国後、院展に『伊太利所見』『洞窟の頼朝』と相次いで習作を発表。1930年製作の『罌粟』(しけ)で琳派の新しい解釈、宮中献上の『唐獅子』(1935)では金銀箔を用いた単純明快な独特の表現をおこない、1935年頃からは"たらしこみ"技法を多く用いるなど、闊達な鉄線描を生かした独自の様式を確立させ、不動のものにして行った。
第二次大戦後、1951-1959年まで東京芸術大学教授。1955年に文化勲章受賞。1942年安田靫彦と共に法隆寺金堂壁画再現事業の総監修にあたり、1947年高松塚古墳壁画模写の総監督となる。

【資料参考】
岡倉天心と日本美術院展 (1982年/カタログ/朝日新聞社主催)
日本美術史事典(平凡社)

 

 

 

 

 

祐松堂(ゆうしょうどう)