祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

●彩色材料  ─修復現場で利用する代表的な画材・絵の具─

絵画制作になくてはならない絵の具は、色材となる顔料や染料と、展色材【てんしょくざい】とよばれる絵の具自体を固め、キャンバスや画用紙など目的の場所にくっつけ、止める接着剤との混合物です。絵の具の展色剤として、歴史的にも長く利用されてきた膠やアラビアガム、乾性油の他、今日では科学技術の発展にともなって合成された顔料や樹脂の種類も増え、大きな画材店では様々な絵の具が棚に並んでいます。
私達修復家が利用する絵の具には、経年による劣化や変質が少なく、処置対象に取っても利用者にとっても安全である事はもちろん、将来再修復など必要となった際には、安全に取り除く事の出来る可逆性【かぎゃくせい】のある事が求められます。

紹介した画材の一部は、 (株)パレット から購入できる。

アクリル絵の具

『アクリル絵の具』

1950年代半ばに水溶性エマルション型アクリル絵の具が開発され。60年代になって広く利用される様になった。ロイ=リキテンシュタインに代表される現代芸術家達は、アクリル絵の具の様な均一で、ムラなく描画が出来、即乾性によってイメージを短時間で表現することが出来、塗り重ねた絵の具が混じりあわない性質に着眼。現代作家の多くは、マチエールの残存、筆足の奇跡の排除し、観賞者がそれに捕らわれることのない表現を追求した。

修復の現場では、耐候性が強く、比較的長期的な安定が望めるため、油彩画の補彩絵の具として利用したり、希釈して補修紙や補修用裂地の染色に利用するなどしている。固化すると除去し難いことから直接的な利用はしない。

水彩絵の具

『水彩絵の具』

アラビアゴムを接着剤として、保水剤としてグリセリンが混入されている。水彩絵の具は、このグリセリンを混入しておくことで、水を加えることでいつでも使用することが出来る。 水彩絵の具には、不透明絵(グワッシュ)の具と透明絵の具の2種類があり、不透明のタイプはアラビアゴムの混合比率を少なくし、顔料の料を多くしてある。小学校などで一般に用いられるのは不透明タイプの物が多い様だ。可逆性に富んでいることから補彩に利用することが多いが、作品の本紙に直接利用することはない。値段の高い絵の具は天然の顔料を原材料としているものが多く品質も高い。

色鉛筆

『色鉛筆』

ワックス(ろう)の様な樹脂が入ったものとほとんど顔料のみを固めたものがある。パステルタイプの物は発色が良い代わりに接着剤が入っていないので定着は極めて弱い。私達修復家は、この通常ではデメリットとしかならない特徴を『可逆性のある絵の具=必要なときに安全に取り去ることができる』として補彩に利用することがある。

顔料

『顔料(絵の具のもと)』

絵の具は通常、独特の色をもつ鉱物を砕き、微粉末にしてから樹脂や接着剤を混ぜてつくられたもの。 たとえば油絵の具はあまに油(リンシードオイル)やけし油(ポピーオイル)を混ぜ、日本画に利用する岩絵の具などと呼ばれるものは膠を接着剤として混入して利用する。修復には用途に合わせ、さらに様々な接着剤を顔料に混合して利用する。絵の具に加えられる接着剤を『展色剤』(てんしょくざい)と呼ぶ。

 

 

祐松堂(ゆうしょうどう)