祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

●修復現場の撮影法2.  ─デジタルカメラを利用する─

は じ め に

最近、美術館や博物館などから仕事の依頼を受ける際に、デジタルカメラを使う事が多くなった。公共の施設や大学の研究室などでは、ほとんどの情報をデジタル化する作業が進められていて、その一環として、写真画像も管理や利用性の高さからデジタル化した情報が要求される様になってきた。

デジタルカメラは、記録するフォーマットの進化やCDなど、記録媒体の物理的な耐久性などから、撮影した画像情報の保存性能に不安があるが、汎用性に富み、ネガををつくるかプリントするかしないと映した画像の状態がわからないフィルムカメラと違って、カメラのモニターやコンピューターにつないだ大きな画面で、すぐにその場で映した画像が確認出来るのも魅力で、ランニングコストもとても良い。
しかし、フィルムカメラがカメラやレンズの性能に加えて、光源やフィルム、印画紙、プリント方法など様々な条件にによって映した情報が変化するように、デジタルカメラもまた、機材の特性や光源によって、またプリンターなどの出力機によって写した画像が変化する。
デジタル写真はコンピューターとphotoshopなど専用の写真ソフトがあれば自由に加工出来、ちょっと映し損ねた画像を容易に修正出来るが、報道カメラマンや私達修復家の様に『事実』を記録する必要のある人たちには、修正や変造は許されないから、撮影時の画像を出来るだけ正確に写し取れる様に、撮影方法や機材の取り扱いには注意したい。

多くの人が、通常カメラ任せのフルオートモードで撮影していると思うが、すべてのカメラは撮影する際の光源の種類によって、黄色みを帯びた画像になったり青みを帯びた画像となる。オートモードというのは、光源の色を私達が肉眼で捉える様に、自然に見える様に調整、プログラムする。これでも、撮影する被写体を同じ光源で撮影するのならば問題なく使えると思うが、白い物をより確かに白く、鮮やかな原色も微妙な中間色も、よりリアルに撮影するためには、マニュアル操作でホワイトバランスを設定する必要がある。ホワイトバランスとは簡単に、ある光源で自然光下で私達人間が捉えることの出来る標準的な白さを撮影出来る様にする事である。このぺージでは、ホワイトバランスの調整法を中心に、簡単にデジタルカメラの利用方法を説明しようと思う。

 

撮 影 方 法

撮影方法、カメラや光源の設置方法は前節の写真技法を参考にして欲しい。基本的にフィルムカメラと同じだ。以下には私が日頃使っているカメラの操作法を紹介するが、基本的にどのデジタルカメラでも、およそ操作は同じであると思うので、細かな相違は説明書など読んで試して欲しい。以下は、私が使っているキャノン製デジタル一眼レフカメラ eos D40 による操作例となる。

1.グレーカードを用意する

ホワイトバランスを設定するためには18%グレーカードを用意すると良い。簡単に、撮影時に利用する光源に基づいた自然光の中で私達が認識するような標準的で正しい『白』の基準をカメラに記憶させる。ホワイトボードなどで代用も可能。

グレーカード
2.グレーカードを撮影する

まずはこのグレーカードをいつも利用している光源下で撮影する(光源を替えることがあればその度にグレーカードを撮影する)。この時のモード(カメラに設定された撮影基準。ほとんどのデジタル一眼レフカメラがシャッターボタン付近にロータリー式の切り替えスイッチがついている)設定はどこでもかまわない。グレーカードは画面一杯に写す。グレーカードがモニター一杯に映っていると良い。

グレーカードの画像を選択
3.撮影モードを変更する

先に撮影したグレーカードの画像情報を利用できる様にマニュアル撮影モード【M】もしくは絞り優先モード【Av】に設定する。

モードとは、簡単に撮影スタイル。モードの切り替えスイッチには、撮影者の意図に合わせた細かな変更が出来る応用撮影領域と、あらかじめ撮影スタイルがプログラムされているカメラ任せの設定領域(簡単撮影ゾーンなどと説明されている)がある。
ちなみに、A-DEPは自動深度優先、 Mはマニュアル、Av は絞り優先、Tvはシャッタースピード優先、P はプログラムモード/シャッターおよび絞り自動の意味で、ここまでのスイッチ領域が調整可能。女性の顔や山、チューリップのマークの位置では全てカメラまかせの撮影となる。(C1〜3は撮影者のプログラムを記憶させる領域)

モードスイッチ
4.マニュアルホワイトバランスに設定する

カメラのメニューボタンを押して背面のモニターにメニューを表示。メニューを操作するスイッチでMWB(マニュアルホワイトバランス)に設定

MENU ボタンを押して、ホワイトバランスの項目を選び、画面で赤く囲まれたマークを選んで設定。

マニュアルホワイトバランス
5.撮影した情報を記憶させる

『menu』ボタンを押して『MWB選択』を設定、カメラについているモニターで先ほど撮影したグレーカードもう一度表示し、さらにこの画像を『選択』する。これで先ほど撮影した情報がカメラに記録され、ホワイトバランスの設定は終わり。あとは撮影となる。私は最近絞り優先モードで撮影することが多いが、マニュアルモードで撮影する場合はフィルムカメラと同じ様にして露出計を使い、シャッタースピードと絞りを設定する。


MWB選択


デジタル画像の保存性能

デジタルカメラのデーターは、コンピューターを併用することによって利用価値は高くなる。しかし、この一方、全てのデジタルデータと同じ様に、その保存性能には大きな危惧、問題がある。急速に進化しているハードウエアーにともなって、取り扱うデーターも高度化し、さらにそのフォーマットも、記録するメディアも進化し続けている中、今取得したデータも日を増すごとに旧式化し、瞬くうちに陳腐なものに成り下がる。デジタルカメラを利用する場合は、くれぐれもデジタル世界の事情を理解し、あるいは警戒をしておく必要があると思う。誰にでも出来る基本的な対策としては、撮影は常に利用するカメラの最高画質で撮っておくこと。記録メディアは最低でも2種類以上用意し、その良好な保存(基本的にカメラ庫のような安定した環境が良い)に努めること。手間がかかるが、慣れている人は、一般に利用されるjpegだけでなく、RAWフォーマット(専門書など参考にしてください)に変えて記録しておくと良いかもしれない。やはり手間がかかるけれど、重要と思われるものはフィルムカメラで撮影しておくのも良い。
毎年たくさんの撮影を行う私達は、全ての画像のフォーマットの書き換えや新しい記録媒体への書き換えは難しいが、貴重なデーターは以上の様な面倒な作業も必要。

 

デジタルカメラの選び方

今回利用したカメラは、Canon EOS40D(2013年現在はEOS5DMarkUを中心に使用) 。キャノン製のデジタル一眼レフカメラのラインナップの中では中級機種で、およそハイアマチュア向けにつくられたカメラ。有効画素数1010万画素、ファインダー視野率95%。目視で正確なピント合わせが求められる私達修復家にとっては、ファインダーの視野率の高いものを選んでおくとよい。最近は比較的リーズナブルで、高性能なデジタル式一眼レフカメラが発売される様になったので、ある程度進化したところでの定期的な買い替えを視野に入れ、フトコロに応じて適当な性能のものを購入するのも良いかもしれない。

 

お わ り に

慣れてしまえばけっこう簡単かと思う。ぜひ試して欲しい。デジタルカメラを使う時も、撮影にはいつも同じ光源を利用し、複数種の光源は用いないで撮影する。最近販売されているデジタルカメラは高性能だから、ぜひその性能を生かして欲しいと思う。宝の持ち腐れにならない様に。

 

 

祐松堂(ゆうしょうどう)