祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

●紙資料の健康診断 ー 修復前の調査2. 紫外線とpH試験紙を利用した診断 ー

一般に、和紙に対して洋紙と呼ばれる紙は、描画や版画、書物など様々な分野で利用されていますが、これらの紙には滲み止め(サイズ剤と呼ばれます)として、酸性物質(硫酸アルミニュウムなど)があらかじめ混入されています。
この酸性物質を含む紙は経年により、また環境により比較的早期に紙自体の組成(繊維の結合)を破壊しはじめ、この破壊が進むにつれ、やがてその紙はまるで焼いた様に褐色に変化し、いつかはボロボロになってしまいます。ちなみにこの劣化、破壊進行を『スローファイヤー』と呼びます。

酸性化した古新聞

◎DIMINEATA1937年の新聞広告。全体に褐色化し硬く脆くなっており、まさにスローファイアーの途中。(ルーマニアの新聞?)こういった資料は強い酸性化傾向を示す。
このような状態で発見された資料の取り扱いには十分な注意が必要。



湿度が高い場所に紙作品を保管していると黴が発生します。黴が発生すると、黴がリンゴ酸やフマル酸などの有機酸を生成し、発生箇所は醜く褐色化し、斑点状の汚損(しみ)となることがあります。
作品を納める額材に酸性物質が含まれていると、作品が接触する部位に酸性物質が転移、移行してまた作品を汚染させます。黴による被害や額材料による汚染は、紫外線を照射すると白く光って反応することがあります。

汚損したピカソの版画picaso uv photo

◎ピカソのエッチング(版画作品)
紫外線を照射して撮影したもの。斑点状に白く光るのは黴の発生していた箇所。周囲に波立つ様に白く反応しているのは額材が接触していた部分。
紫外線は、酸性物質にも反応して蛍光を示す場合がある。紫外線の利用によって、通常は目視による観察では発見できない問題を確認できることがある。

 

紙の健康状態を知るための目安として、市販の試験紙などを利用して酸性度(pH値/7.5で中性、これより数値が小さくなれば酸性に、数値が大きくなるとアルカリ性となる)を調べることができます。

pH試験紙

◎メルク社製 pH試験紙の利用

酸性化の判定方法としてはpH試験紙を使用します。
試験部位を蒸留水などで湿らせるか、試験紙を少量の水で湿らせて、対象に試験紙を接触させてしばらく反応を待ち、反応結果を付属のチャート表と見比べ判定します。

 

 

祐松堂(ゆうしょうどう)