祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

●絵画作品観察をする  ─ 修復前の調査1. 光を利用した調査法 ─

私達が日常生活で利用する白熱灯や蛍光灯、LEDなどの照明機具の光りも、作品に当てる角度をかえたり、裏側から当てたりすることによって、より多くの情報を得ることができる。一方、紫外線や赤外線などに代表される不可視光線は、物質によって透過したり、振動させて反射し、特徴のあるな反応示す。様々な方法で、色々な種類の光を利用することで、過去の修復痕や通常は目に見えない損傷、作品の構造まで読み取ることを可能にしてくれる。以下は同じ作品に対して、異なる光源を使用し、光の当て方を変えて撮影したもの。

標準光画像
画像1.標準光線写真(写真撮影用デイライトランプ使用)

写真撮影に用いることの多い、デイライトタイプのライトで作品の両側およそ45度の角度から照射して写したもの。修復の前後に撮影記録をおこなう場合の最も基本的な光のあて方となる。
この写真では、描かれた人物の顔の前後に変色(白濁)が見られ、後頭部あたりに絵の具の欠失が白っぽくなって見られる。

斜光画像
画像2.斜光線写真(VTR撮影用ハロゲンランプ使用)

光軸の明確なハロゲン球などを使って、光を画面近く(浅い角度から)一方方向から当てると、画布や画用紙のうねり、変形具合を読み取ることができ、さらに表層の筆致(筆あし/絵の具の塗方)も観察することができる。

 

透過光画像
画像3.透過光線写真(蛍光灯/ライトボックス使用)

作品の裏面より光をあてると、当然ながら層の厚い部分や暗い色で塗られた部分は光を通さず、逆に傷ついて薄くなったところや、絵の具の欠失した部分はよく光を透す。

 

 

紫外線画像
画像4.紫外線写真(蛍光灯/ブラックライト使用)


紫外線は描画層に侵入し、そこにある素材の分子を振動させる働きがある。この振動が光反射となって、自然光下で見るのとは異なった反応を見ることができる。この写真では、人物の胸の前、後方の背景に黄〜黄緑色の反応が見られ、ここにはニスが引かれていた。絵の具の欠失痕は下地層が露出して白く、汚損や付着物、過去の加筆、補彩などは黒く見えることがある。

 

赤外線画像
画像5.赤外線写真(SONY DCR-PC110使用)


市販のデジタルビデオカメラに内蔵されている暗所撮影装置 ”Super NighiSoot” を使って撮影したもの。
赤外線の効能として、ものの内部に入り込んで熱を発生させることは良く知られているが、黒い色(炭など)によく反応する。通常光下で撮影した画像1.と見比べると、顔、髪の毛や衣類の細かなディティールは見られなくなり、画像1では見られなかった『全体の骨格』や『明暗による肉付け』のようなものが見て取れる。赤外線による観察では、デッサンや作者自身による修正、描き直しなどを発見できることがある。

 

 

祐松堂(ゆうしょうどう)