祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂               《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

●文化財修復の世界  ─ 科学と技術と哲学と─

指定文化財、国宝に限らず、貴重な絵画や美術工芸品、歴史的資料の修復処置においては、単に見た目の景観を整えるのではなく、処置対象の本質である制作原初に使われた材料素材や組成構造などをしっかりと読み取り、可能な限りその保護と延命に努めることが要求されます。私たちのおこなう処置を『保存修復』と呼ぶのは、対象の核心を『保存』しながら、なお痛んだ箇所の『修理』に望むことからにほかなりません。
このコーナーでは、文化財修復の考え方やアプローチ、方法、技術に加えて、修復現場で用いる材料素材、器材などのご紹介をしています。

1.私たちの考える修復処置

修復へのアプローチ

2.絵画作品を観察をする

修復前の調査1. 光を利用した調査方法

3.紙資料の健康診断

修復前の調査2. 紫外線とpH試験紙を利用した診断

4.修復現場の写真撮影法1.

フィルムカメラによる基本的撮影法

5.修復現場の写真撮影法2.

デジタルカメラの使用方法

6.彩色材料

修復に利用する画材

7.接着剤と樹脂

修復に利用する接着剤

8.伝統的な接着剤の製造

伝統的表層作業に利用されてきた接着剤

9.修復現場における和紙の取り扱い方

刃物による裁断と食い裂き

10.脱酸性化処置

紙の修復方法 体質改善と延命

11.補彩についての考察

欠けた色を補う 補彩の方法と哲学

12.修復に必要な水をつくる

修復現場における『きれいな水』とは 高度濾過装置の利用

13.ハニカムボードを利用した額装  

大型軽量額装幀 紙製ハニカムボード材の利用

 

                     

 

祐松堂(ゆうしょうどう)