祐松堂商標絵画と美術品の保存修復 祐 松 堂                《サイトマップ》
Home
更新記録
ご案内
修復の世界
修復報告
関係書籍
コラム

 

●私たちの考える修復処置

修復家の目標

今日私達がおこなう修復処置は、単純に見た目の景観を整えたり、汚れを取り除くことのみならず、その独自性を成立させる物として、製作当初に利用された材料素材や、それによってつくられる組成構造、姿形といった、いわばその『芯』や『核』となるものを可能な限り確保し、なお出来るだけ永く維持できるようにすることを最大の目標にしています。
一方、絵画、彫刻に代表される美術品も、書籍や地図などの資料にも、広く文化財とよばれる物にはすべて、人と社会によって様々な思いが投影され、価値が見い出されて来ました。私達は専門家として、遺された物の『芯』や『核』を守りながら、なお、歴史的、社会的な価値の保護にも貢献したいと考えています。

虫損した古文書

事前の徹底した調査

私達はすべての修復処置にあたって、まず徹底した観察と綿密な調査をおこなっています。処置対象の特徴や性質をより深く理解することに努め、発生している問題、症状を究明することによって、不要な処置や変化を回避し、必要かつより効果的な処置をおこなうことが可能になり、この結果として、私達が目標とする製作当初のオリジナルな部分も最大限確保することができる様になります。

大破した扁額

材 料 を 選 ぶ

私達が修復処置で利用する材料、接着剤などの薬品は、長期の利用実績があることに加えて、科学的な安全性が認められていること、さらには、可逆性(reversibility リバーシビリティ)があり、遠い将来の再修復に備えて、いつでも安全に取り除けるものを選んでいます。

扁額板の洗浄

インフォームドコンセント

祐松堂では、全ての修復処置にあたって、皆さんに詳しい症状の説明と修復処置の目標や内容の説明をすることに努めています。また、修復処置を完了した際には、修復前後の作品の状態と、修復処置の概要を記した報告書を提出しています。

 

*祐松堂では、保存修復の現場を広く一般の方にも知って頂くために、実例をあげてこのサイトで情報の公開をしています。

*情報は更新に努めておりますが、古いものについては、現在は利用しないもの、評価の変化したものもあります。

*サイト各ページに利用している写真画像は所有者の皆様の御協力、御承諾を得て使わさせていただいております。
コピー、流用は行なわない様お願い致します。

 

Copyright2000-2016 © 祐松堂(ゆうしょうどう)